宅配事業者募集 買い物難民救済計画

地域の過疎化や大型スーパーの進出などにより、身近な小売店の廃業や商店街が衰退し、食料品の購入や飲食などに不便や困難を感じる方々の事で、農林水産省では、これらの人の数を「食料品アクセス困難人口」と呼び、この問題を「食料品アクセス(買い物難民・買い物弱者)」問題として、重要な社会課題であると位置付けています

現在の高齢者状況 内閣府 https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2017/html/zenbun/s1_2_1.html

買い物難民はなぜ増え続けているのでしょうか?都市部では、古くからある団地やマンションなどの住人が高齢化することで、運動能力が低下し、日常の買い物が困難になっています。また、大型店の進出により住居の近くの商店や商店街が衰退、閉店することで、買い物にはより遠くまで足を運ばなければならなくなり、さらに困難となっています。

一方、地方でも郊外型の大型スーパーなどの進出によって、身近な商店の閉店が増えています。特に、郊外への移動手段を持たない高齢者の方は買い物が困難となっています。 また、利用者の減少により、公共交通が減便されたり廃止されることで、買い物難民化はより拍車がかかっています。 高齢者の買い物難民の方は、食料品などを十分に確保できないことから、野菜や果物、魚、肉類などの栄養価の高い生鮮食品の摂取が少なく、保存のきく加工食品に食も偏りがちになるため、健康上の問題も起こりやすいとされています。それらを解消するためにも、買い物難民を減らす取組みが、地方自治体や様々な団体、地域のコミュニティーで取り組まれています 。特に地域密着型の取組みが成功に結びついています。

おとなナビプラットホームでも買い物難民に手を差し伸べていくお手伝いを考えています

買い物難民の問題は地域の社会課題として、地方自治体や民間企業、ボランティア団体が協働で取り組んでいかなければならない問題です。買い物難民がさらに増える前に 、ぜひご登録ください!

高齢者向け代行サービスの主な種類は、食事や掃除、洗濯などの家事代行、買い物代行などです。

買い物代行を例にあげても、「スーパーなどのお店が近くにない」「外出が面倒」「重い荷物が運べない」「ネットショッピングができない」「近場の店に欲しいものが売っていない」など、人それぞれ悩みや要望は異なります。そのため、一人ひとりのニーズに応えられるような、柔軟なサービス展開が望まれます。↓のサービス開始が可能な皆様、おとなナビがお手伝いいたします。

車による移動販売
スーパーと個人事業者の協働による移動販売を行っている地区があります。提携スーパーの商品の一部を、必要分だけ個人事業者の車に積み代えることで、自ら仕入れや在庫を持つ必要がなく、採算性を上げています。また、移動困難な高齢者の住居の近くを回ることで、高齢者の見守りにも役立っています。 移動販売を始めたいと考えている方ぜひお声がけください

宅配・買い物サービス
お客様待ちのタクシーを使ったスーパーの宅配や、ご近所の方や新聞販売店などに買い物が依頼できるシステムを構築した所もあります。また、コンビニの物流網を使って、高齢者の方に食事の配食や食材の宅配サービスなどを行っているところもあります。 宅配のサービスを始めたいと考えている皆様お声がけください!

移動手段の提供など
地方自治体が独自のバスを運行する所や、 民間との協働によりスクールバスや自動車教習所の送迎バスなどの相乗りで、高齢者の移動手段を確保する取組みを行っているところもあります。

※手数料制より月額固定制がおすすめ

依頼内容や利用頻度は、顧客によって変動します。1時間〇〇円といった時間単位制の料金設定は、売り上げが把握しづらく、依頼も不定期になりがちです。ビジネスとして高齢者向け代行サービスを継続していきたいのであれば、「月額固定制」がおすすめ。月額固定制は、毎月の利用料金が固定されているため分かりやすく、顧客も定期的に代行サービスを利用できるため、ビジネスとして安定しやすくなります。

また、買い物代行サービスの場合は、顧客数が多くなると、一度に複数の顧客の買い物を行うことも可能です。効率よく利益があげられる分、料金を下げれば、顧客のリピート率も高くなるでしょう。さらに、いつも依頼される日用品の買い物などは、倉庫などに保管しておくことで、買い物の回数も減らせます。

    関連記事